【陽炎の華 水面の月・雑記】こっ恥ずかしいことに

先日の冬コミにて売り子をしていたうちの同居人ですが(自他共に認めるオタ/コスプレの完成度には狂喜乱舞しておりましたけど)、以前私の同人誌を音読するという羞恥プレイをやってくれた経歴を持っております。しかも、ロマサガ2のノエル本第一弾『XERYUS』の、アレな部分を……(注:『XERYUS』は18禁指定してあります)
んで、そんな同居人が売り子のお礼として進呈したリベ本第五弾『So Many Many If』を端から端まで読んだのですが…私自身が既にリベをプレイしている方々向けに書いた所為もあるのでしょう、情景描写が弱いというツッコミを喰らいました。それ以外にも色々ツッコまれたのですが…何故か奥付ページに記載してあるキャッチコピー(?)は妙に気に入った模様。で、他の本のも見たいと言ってきたものですから、奥付にそれがない『Liebeslied Komplett』を例外とした、現在私の手元に在庫のある同人誌の見本誌を示しましたところ、ますます気に入って、「どうしたらそんなかっこいいキャッチコピーが出るかなあ?」とか何とか言っておりました。今現在手元にない(冬コミ一日目にて委託して頂いたため、現在は委託元であった各務さんの手元にございます)『Fortuna』のそれにはどういう反応を示すかなぁ…?

…って、巻末のキャッチコピーに関しては、本の内容を反映させるよう心掛けている以外では、特にこれと言って意識している事は無いんですけどね。